【日本食があれば大丈夫でした】留学先に持って行った食べ物・持ち物

japanese food 留学

ニューヨークに留学をする人

長期留学をしたら日本食が恋しくなりそうです。

どんな日本食を持って行けば生活に困らないでしょうか?

今回はこんな質問にお答えします。

この記事を書いている私はというと…

2018年秋~2019年春までニューヨーク Broadway Dance Centerにスカラーシップ生としてダンス留学の経験。

半年、ニューヨークで過ごしました。

今回はニューヨークへの留学経験を踏まえてお答えします!

留学先に持ち込んだ日本食リスト【厳選8種類を紹介】

ニューヨーク留学で心の支えとなった日本食は『じゃがりこ』です。

これはあくまでも私のパターンですが、好きな食べ物をたくさん連れて行くことをおすすめします!

壁紙用じゃがりこw

当時SNSで流行った『じゃがアリゴ』に爆ハマりしてました。

ニューヨークでもじゃがアリゴがどうしても食べたかったので、じゃがりこを大量に持ち込みました
新しい環境で生活することになった私にとって、じゃがりこはマジで心の支えでした。笑

日本食は神

teisyoku_haizen

20年と和食生活していた人が突然、海外の食文化に適応するわけがないんです、、

日本食をたくさん持っていきましょう!

私が留学で持ち込んだ日本食品

・緑茶(粉末)

Tパックより、水で溶かせる粉末タイプがおすすめです。BDC・STEPSにはウォーターサーバーがあるので、お水が飲み放題です。ニューヨークの水道は設備が整っているので、飲料水として飲むこともできますので安心してください!

 

・パスタソース

全国共通な料理、パスタ!
しかしパスタソースとなると、ニューヨークでは缶詰として販売されていることが多いので味もそこまで保障ができません。日本でパッケージ販売されているパスタソースはお手軽で便利なので、留学生活でもきっと役に立ってくれるでしょう。

 

・やわらか一膳(ご飯パック)

これは母が持たせてくれました。荷物になるな~と思ってはいたのですが、海外生活がはじまった一週間はこの「やわらか一膳」に助けられました!スーパーマーケットの場所も分からず、炊飯器も無い環境だった最初の一週間は、持ち込んだ食料でなんとかやりくりしながら生活環境に慣れていきました。
ちなみに、ニューヨークでも日本米は食べられますし、炊飯器が無くても鍋で炊くことが出来ます。事前に覚えておくと、海外で役立ちますよ!

鍋でご飯を炊く方法

計量カップ、しゃもじもセットで持っていきましょうね!

 

・ふりかけ

言わずもがな、ご飯のお供。おにぎりにすれば、レッスンの合間にも軽食として食べることが出来ます。
留学先で日本人の友達がたくさんできれば、ふりかけを貰う機会にも直面します。私は日本人の友達がたくさんいたので、味噌汁とふりかけにはそんなに困りませんでした。笑

 

・味噌汁(粉末・ペースト)

ご飯と味噌汁があれば、余裕で暮らしていけます。ソーセージとかベーコンとかと合わせて食べたら立派な自炊です。味噌汁の元は粉末でもペーストでもどちらでも良いと思います。でも、こちらも留学先の友人から何故か大量に頂く機会が多かったので味噌汁には困りませんでした。

 

・ほんだし

ニューヨークのサンライズマートをはじめとした日系スーパーで入手することも可能ですが、値段が数倍もします。かさばる物でもありませんし、自炊には欠かせないアイテムなので持っていきましょう。

 

・醤油

とりあえずで持っていきました。ですがサンライズマートでは結構なお値段で売っていましたので、持って行ってよかった調味料の1つです。

 

ほんだし×醤油×みりん=『最・強!』

これらの調味料を用いていろんな和食を作って生活をしていました。

みりんだけはサンライズマートで購入しましたが、この3つが揃えば和食っぽい自炊が可能です。

ほんだし×醤油×みりん×鳥のひき肉

Cpicon 鶏そぼろ(鶏そぼろ丼・そぼろ弁当) by とほほ

鳥そぼろ丼の出来上がり!

フライパンで炒めるだけです。ここに炒り卵を添えて味噌汁も加えたら立派な和食の完成です!

クックパッドを見ながら簡単に作れますので、ぜひ試してみてください(^^)/

 

・じゃがりこ(というか、自分の愛してやまないもの)

私の心の支えとなったじゃがりこ。
ちなみにサンライズマートではポテロングは売ってたのにじゃがりこはありませんでした…。

 

 

他にも持ち込んだ食料はありますが、生活の役に立った日本食をまとめてみました!

留学前は実家暮らしだったので、どれだけ親に甘えていたことか、、

自分のモチベーションも上がるので、留学をきっかけに自炊生活に挑戦してみてはいかがでしょう!

アメリカに無くて後悔した日本食品

sad

風邪を引いたときに困る。

『風邪ひかないです!』とか言うプロ意識の高い人だって環境の変化にはやっぱり勝てません。

体調管理には気を付けて生活をしているつもりでしたが、それでも体調が悪くなることもありました。

【体験談】風邪をひいてしまった話

BDCで週に12クラスものレッスンをこなしながら他のスタジオにも通うような踊り漬けの毎日を過ごしていた私は、留学生活が始まってから2ヶ月が経ったころに風邪をこじらしてしまいました。

ブロードウェイの有名な振付師がゲストティーチャーとして学校で講師をしてくれていた時期があり、ちょっと頑張りすぎてしまったのが原因です。

日本のように薬がすぐに手に入る環境ではなかったのはとても辛かったです。

ちなみにポカリスエットを入手しようと日系スーパーにも行ったのですが、とても高くて買う気にもなれませんでした、、

 

ということで、風邪をひいたときや疲れているな~と感じる時にあると便利なものを紹介します!

・葛根湯

風邪のひきはじめにはやっぱりコレです。意外と持っていくのを忘れやすいアイテムです。
ニューヨークでは同じような商品を発見することが出来ませんでした。

 

・ポカリスエット(粉末タイプ)

ニューヨークの日系スーパーでは数倍の値段で売っていました(*_*;
あるだけ困らないアイテムですし、一緒に留学生活を頑張っている友達におすそ分けすると喜ばれるアイテムです。

 

ちなみに『ゲータレード』というとてつもない色をしたドリンクがアメリカ人には人気です。

Gatorade

日本人の看護師さんからは「ゲータレードの白がポカリスエットの代わりになるよ!」とおすすめされたので、私はこれを代用して生活しました。

色味も白でスッキリとした味わいなので、風邪をひいていても飲みやすいドリンクです。

とは言え、私はポカリスエットが良いかな!笑

 

・アミノ酸サプリメント

アミノ酸サプリメントは多忙な留学生活にあると便利なアイテムです。何故、私はこれを持って行かなかったんだろうかと現地で後悔したくらいです。ニューヨークの友人ダンサーにもアミノ酸サプリメントのおつかいを頼まれたので、NYダンサーの中でもひそかに愛用されているアイテムです。

 

これらはかさばらずに持ち込めるアイテムなので、荷物にもならず持ち込めます。
ですが、意外と忘れがちなアイテムなのでふりかけや味噌汁のように譲り分けてくれる人はそんなにいないと思います。笑

trip

というわけで今回は以上です。

体調管理はしっかりと!元気に留学生活を送ってくださいね。

留学生活とは、どうしても限られた時間です。しかし無理はせずに楽しんでください!

素敵な出会いと経験ができますように(^^)/

タイトルとURLをコピーしました