個人レッスンとダンススクールの違いは?上達の秘訣はここにあります

個人レッスンとダンススクールの違いとは? ダンス

いきなり経験者の中に混ざってレッスンするのが怖いな・・・
会社の余興・結婚式のサプライズがしたい!
オーディションのためにココを直したい!

ダンスを習うとなると、一番に思い付くのが「ダンススクール」じゃないでしょうか。

しかし、グループレッスンではこういった個人の願望を叶えられないことを知ってますか?

特に、明確な目標・目的を達成するためにダンスを始めるのであば、”個人レッスン”をおすすめします。

今回は、個人レッスンとダンススクールの違いや個人レッスンを専門とした定評のダンススクールを紹介します。

この記事を書いているわたしは・・・

小学生の時からダンスを習い始め、20年以上踊り続けています。現在は現役ダンサーとして活動をしながら子供たちを中心にダンス講師をしています。

わたし自身もオーディション対策を目的にプライベートレッスンを有効活用しています。

個人レッスンとダンススクールの違いとは?

違い① 自分の都合でレッスンを受けられる

まず、ダンススクールとは違って自分のスケジュールにあわせてレッスンの時間を決めることができます。

ここ最近ではKPOPブームもあり、趣味でダンスを始めたも少なくはありません。

そんな一方でちょっとしたトラブルも・・・

・会社の環境の変化でレッスンに参加出来なくなってしまった

・もはや月額費だけ払っているだけ

都合が合わないけどダンスはやりたい・・・
そんな人こそ、個人レッスンで上手に時間を活用してみましょう。

オンラインを使った個人レッスンもおすすめ

個人レッスンとは言えどスタジオに通うのがめんどくさい・・・
準備が面倒くさくて継続できるか心配です。

仕事の帰りにダンス用品を持ってダンススクールに通うのって結構荷物なんですよね。汗

職場の人に今日は泊まり?なんて言われたり。苦笑

ここ最近では「オンライン」を活用したダンススクールも続々と出現しています。

早速ですが、おすすめのダンススクールをご紹介しますね!

  • スポともダンス

自宅で好きな時にマンツーマンでダンスレッスンが受講できるオンラインダンススクール!

講師の在籍者数は200人以上と、大手ダンススクールも敵わない講師人数にビックリ・・・

  1. いつでもオンラインチャットでダンスの悩みや質問を聞くことができる
  2. 自宅で練習した成果を報告すればその都度、アドバイスをもらえる

ダンススクールとはまた違った指導方法にはなりますが、初心者・未経験者にはストレスや不安を感じずにダンスを習うことができると思います。

» 2週間無料体験レッスンの詳細はこちら

今だと無料体験レッスンでの受講も可能です。

2週間で辞めてしまえばお金は一切掛からないので、体験レッスンで様子をみてみるのもアリ!

違い② 周りを気にせずにレッスンを受けられる

実は周りが気になってレッスンに集中できない人にも個人レッスンがおすすめ!

個人レッスンでは1対1だからこそ、自分のペースにあわせてレッスンを進めてくれます。

覚えることが苦手だったり、マイペースにダンスを習いたい人には個人レッスンは効果抜群!

【裏技】お友達を集ってプライベートレッスン

気兼ねなくダンスを楽しむことができ、なおかつ1人で受講するよりも予算を抑えることができます。

またダンス歴が長い割にはヒップホップをやったことがない、バレエを習ったことがない、、

そういった人はダンサー友達にプライベートレッスンをお願いしていたり、こっそりと練習しているものです。

周囲を気にしてレッスンに集中できないという人は、個人レッスンに切り替えたほうが有意義なダンスレッスンとなるのではないでしょうか。

違い③ 目的に応じたカリキュラムを依頼できる

ITZYが踊れるようになりたい!
ディズニーダンサーに受かりたい!

すでに目標が定まっている人はダンススクールに通い続けるよりも個人レッスンで達成できるように短期間でダンスを習ったほうが習得が早いです。

ダンススクールに通っている人の大半は”ダンスが好き”だから通っています。

で、問題なのが余興でダンスをやらざるを得ないダンス未経験者だったり、反対にオーディションでなんとか合格できるように仕上げたい何かしらのリミットがある人。

こういった人達は自分のなりたい形に到達するにはダンススクールでは難しいです。
そもそもグループレッスンでは時間がありません。

オーディション対策ならいつも通っている講師に相談をしましょう

どうしても受かりたいオーディションがあるなら、いつもお世話になっている先生に自分の悩みを打ち明けたほうが手っ取り早いです。

なぜなら、あなたの弱点を良く知っているからです。

弱点をカバーしつつ魅力を引き出す指導をしてくれるはずです。
そういった先生に出会うためにもいろんなダンススクールに通うことも大切です。

結婚式の余興なら踊れる人に依頼しましょう(ダンサーじゃなくてもOK)

すでに踊れるようになりたい振り付けがあるなら、踊れる人に依頼するのが手っ取り早いです。

Youtube「郡司さんのおどってみた」

~ 練習前 ~

【NiziU】郡司さんMake You Happyにチャレンジ (練習前)

~ 練習後 ~

【NiziU】Make You Happy 踊ってみた(スカートver)

月曜から夜ふかしで一躍話題となった郡司りかさんも、ダンスが得意な妹さんに習ってこの上達です👏

はたして郡司さんがダンススクールに通ったらここまで上達することはできたでしょうか‥?

要は練習の方法によって上達速度は変わってくるんですね。

ここまで読んでいただいてダンススクールに通うことが全てではないことが分かっていただけたら嬉しいです。

  • スキルマーケットの「ココナラ」でも振り付け依頼ができます

» 無料会員登録してサービス内容を見る

【個人レッスン】ダンスの先生を探す方法

ダンススクールの探し方、ここに時間を割きすぎてしまう人は多いことでしょう。

ここからはスムーズにダンスの先生に出会う方法をご紹介します。

スムーズに決まらないとなぜかダンスが嫌いになってしまう人も💦

  1. SNSを上手く活用して紹介してもらう
  2. スポとも
  3. ココナラ

SNSを上手く活用して紹介してもらう

SNSを何気なく使っていませんか?

今や全世界の人たちとコミュニケーションができる便利なアプリケーションです。

FacebookやTwitter、Instagramで募集をかければ手っ取り早く講師を探すことができるはずです。

全く知らない人よりも、友達の友達からの紹介って安心できますよね。

スポとも

さきほど紹介した『スポとも』なら自分の希望に沿ったインストラクターを紹介してくれるので失敗のリスクをグッと減らすことができます。

» 2週間無料体験レッスンの詳細はこちら

ココナラ

こちらもさらっとご紹介しましたが定番の手段です。

ダンサーの駆け出し、すでにバックダンサーとして活躍している人・・・

ダンサーの質はピンキリではありますが、予算を抑えたいならこちらのスキルマーケットを上手く活用してみるのもおすすめです。

まとめ

おさえたいポイント!

  1. 目標がある人こそ個人レッスンでスピード上達!
  2. グループレッスンに向いていない人もいる
  3. 「スポとも」は失敗が少ない!

今回お話したことは全て私の経験談を元に記載しています。

1つの事例として参考にしてみてくださいね🎵

あなたにとって素敵なダンスライフとなりますように(^^)/

タイトルとURLをコピーしました